お酒が苦手なフリーランスのエンジニアでも忘年会は出席するべき理由

フリーランスになる
Free-Photos / Pixabay

忘年会は思ってたより重大なイベントだと思った話

Free-Photos / Pixabay

年末にだいぶ近づいてきて気がついたらあっという間に12月も中旬になってしまっていました。

私は決して文章が得意ではないので、ついついブログの優先順位が低くなってしまいました。

今月はこんなペースになってしまいますが、引き続き本ブログに足を運んで貰えたらと嬉しいです!

忘年会シーズンで色々と飲みに誘って頂いたり、自分から誘ったりしていたのですが、会社員の頃は会社のイベントはめんどくさいと思ってましたが今年はフリーランス一年目ということもありちょっと考え方が変わったので記事を書こうと思いました。

お酒が苦手で普段の飲み会を敬遠してしまう方でも忘年会は「特別な飲み会」という感じで参加した方が良いのではないかと思うようになりました。

 

スポンサーリンク

会社員の頃は忘年会が一年で一番嫌なイベントだった

私の場合、お酒を飲むのは好きなので飲み会というイベントは大好きなのですが、それでも忘年会は毎年憂鬱に感じるほど嫌なイベントでした。

嫌いだった部分の理由は以下の理由があります。

制約の多いお客様との飲み会

本当はお客様ともっとざっくばらんに本音を語り合えれば良いのですが、私が在籍していた会社では事前に営業担当の方やら上司に「接待」であることを厳しく言われ、我々開発者はひたすらニコニコして、お客様から「もっとお互いこうした方がいいよね」と言われても積極的に「是非やりましょう!」とは言いづらい状況でした。

 

まずビジネス観点としては間違ってないかもしれませんが、私としてはもっと良いシステムを作るためにはお互いにもっと良い所と悪い所を本音でぶつかって今後につなげていく方がいいのにと思ってました。

 

これは在籍していた会社の問題ですが、営業担当者と開発担当者にかなり距離があったのはよくないですね。

社内の人間同士でも「この人のことよく知らない」って状況でお客様から「◯◯さんは社内でどういう感じなの?」みたいに質問されても適当にはぐらかすことしかできないですからね。

まずは同じ会社の人間同じ目標持っていれば接待飲みだってもう少し楽しくできたと思います。

終わった後に反省もできますしね(笑)

 

1年に1回しか合わない部長参加の社内飲み会

社内飲み会は完全に会社の社風や上司の人柄に左右されますね。

私は三社ほど経験しましたが、まぁだいたい似たり寄ったりな所ですかね。

物流系の会社は人柄の良い人が多かったのでそこまで苦痛ではなかったですがw

 

今回の話では上司が絵に書いたような横柄な態度の人がいる会社前提で書きます。

「あー、うちの会社にこういう人いるわー」って人はお気の毒ですが頑張ってください。

私の在職していた職場では通常の業務では課長までしか接することはありません。

そして12月になってから「そろそろ、そこのプロジェクトも忘年会やるでしょ?決まったら教えて」

(;´-`).。oO(ぇ・・・・)

これはもちろん私自身に直接言うわけではないですが、同じプロジェクトの上司である課長とかにでっかい声で言うわけですよ。

そして忘年会が始まったらひたすら続く過去の武勇伝&謎の激励のオンパレード

本当に本当にありがい言葉の数々ありがとうございました。特に今のところ役には立ってません。

今後も被害者が増えないことを切に願っております。

 

フリーランスの忘年会は積極的に企画&参加すべし

そんなわけで今年は組織の枠から離れて初めての年なわけですが、忘年会に対する考え方が全然違いました。

営業活動の理由として一番使えますからねw

 

普段会わない人ほど連絡を!

普段忙しくて会えないけど中々会えない方っていますよね。

久しぶりに会ってみたいと思った人には積極的に連絡を取ってみました。

結構、忘年会を理由にするとノッてくれる人が多いですw

基本的には過去に在職していた会社の人が多いですが、フリーランスになるタイミングで知り合った方とも飲んだりしました。

もちろんお金と時間の都合上、そんなに沢山の人とは飲めませんが・・・

 

忘年会は普段の飲みと違う!

普段から友人や現場の方と飲むことは多いのですが、やっぱり年末で忘年会を謳った飲み会だと話の内容もだいぶ変わってくることに気付きました。

業種問わずに結構皆一年を振り返るもんで、すっかり忘れてた出来事や、一年で大変だった出来事を話してくれたりします。

自分の将来のビジネスに直結する可能性がゼロだとしても、情報を仕入れる意味ではすごい有益だと思いました。

あと忘年会だと「翌年にこういう目標がある」といった話も耳にすることが多いですね。

エンジニアが集まる場だと「じゃあ来年はよろしくお願いします!」と冗談交じりに話したりw

業界動向に置いていかれるわけにもいかないですし、特に優秀なプログラマーの方なんかは最近注目されてる言語や技術なんかを教えてくれます。

今まで興味なかったけど勉強してみようと自分のモチベーションの向上にも繋がります。

 

最後に「お酒が飲めないから忘年会とかほんとに嫌」というあなたへ

最後にここまで色々書きましたけど、「結局はお酒が好きだからそう考えられるんだよ」と思われるかもしれません。

実際私自身も飲み好きになったのは30歳をすぎるまでは全然飲めませんでした。

飲めないのであれば、普通に「お食事会」でも良いと思います。

さすがにファミレスじゃあれですけど、相手の方が飲める人であれば飲んでもらえば良いです。

将来ビジネスチャンスが来た時の接待に使いたいお店の下見感覚でも気が楽だと思います。

せっかくのフリーランスになったのであれば無理に嫌なことをする必要もないので自分のスタイルで「忘年会」と銘打った勉強会的なことでも良いと思います。

交流の意味でも、一年の振り返りでも誰かと話したり聞いたりすることは非常に大事だなと改めて思ったので忘年会嫌いの人は是非積極的に開催してみましょう!

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
フリーランスになる
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました