起業などの自分のやりたいこと備忘録

フリーランスになる

 

4月もいよいよ終わってしまいますね。

本記事と最後に4月のまとめ記事を書いて目標の月4本の記事更新が到達できそうです。

今回は現在の仕事の話ではなく、将来的にどういったことをやっていきたいかと日々頭の中で考えていることをまとめた備忘録記事になります。

 

スポンサーリンク

まずは起業

ずっとフリーランスでやるつもりは元々無く、いつかは起業したいとフリーランスになる前から思っていたのですが、フリーランスを1年超えてますます起業したい気持ちが強くなってきました。

フリーランスをやり続けるのも良いのですが、やはり大手企業との契約は法人でないとできなかったり、誰かと一緒に仕事をしようと思って人を雇うとしても法人の方が色々都合が良いですからね。

開業資金が全然ないので、最近は融資やら資金調達について色々サイトを見ながら情報を集めています。

できれば年明けまでには会社を立ち上げたいですね・・・・

 

新サービス立ち上げ

ここからは起業した後のやりたい事を書いていこうと思います。

起業せずともできることなので日々隙間時間を使ってやっていこうと思っていることです。

 

IT業界で開発をやっている人の多くが「自分でサービスを作りたい」という気持ちを持っていると思います。私自身も技術者の端くれなのでよく考えています。

最近は「こういうサイトがあったらいいなぁ」と言うことを良く考えています。

ようやく少しずつアイディアが出てきてますね。

基本的に私は起業後は技術者からどんどん離れていくつもりで考えています。

それこそ趣味のレベルで細々やると思いますが、一緒に働いてくれる優秀なメンバーに作ってもらった方が良いものができると考えています。

基本的には経営者として会社を維持できるような立場で会社を支えるようになっていきたいと思っています。

 

まぁでも結局はプログラム書いてそうだなぁ(笑)

 

ITリテラシー教育・情報セキュリティ教育

これも毎回言っている内容なのでだいぶ今更感があるのですが、ITリテラシー教育や情報セキュリティ教育について興味を持っています。

非IT企業や学生向けに講演や授業ができることを夢見ています。

ただし現時点では結構分厚い壁があることにも気づいています。

同業他社には大手企業が非常にクオリティの高い教育をしていたり、学校関連ではなかなか新参者を受け入れていただけないような状況があることを知りました。

しかし今はSNSでの犯罪も多く「知らなかった」ではすまされない事も沢山あります。

特に学生の悪ふざけのノリで炎上騒ぎなどよく耳にする話ですが、インターネットの世界は色々な人が見ていることを理解していない人が多いです。

ITとは使いこなせば便利ですが、間違った情報も多いですし、色々な事故や犯罪に巻き込まれる可能性も十分にあります。

このような知ってる人にとって「あたりまえ」なことを若い世代に話していくことは重要なことだと思っています。

正直、若い世代の方が便利な使い方や新しいサービスについての知識は多いかもしれませんが、、、(汗)

私もどんどん若い世代の人と接する機会も減ってきていますし、他業種の知り合いがまだまだ少ないので今後も色々な人と出会える機会を積極的に掴んでいこうと思っています。

 

IT以外のことにもチャレンジ

これは仕事でもプライベートでもって感じですかね。

例えば英語を頑張って勉強してみるとか、コーヒーショップを開いていみるとか?

まぁ別に面白そうなものであれば何でも良いのですが(笑)

何かITの勉強以外で蓄えた知識をきっと何か後で約に立つ時がくると信じています。

それが新しいサービスに繋がったり、もしかしたら事業の一環になるかもしれないし・・・

もちろん何もつながらないこともあると思いますが。

つい先日、友人が「生花」をしている話を聞いたのですが、これは普段の仕事も生花のように色々な視点で見ると世界が広がるなんて話を聞きました。

同じような話だと、私自身もジムで走っている時や、サウナの中でひらめくこともあるので

何か違うものに触れるのも大事なのかなと考えています。

 

最後に

思ったより話が長くなってしまいましたが、自分で将来こうしようと思っていることを改めて書き出してみるとワクワクしてきますね。

どこまで何が実現できるかは私自身も全然わかりませんが、目標があるからには絶対にやりたいと思っています。

少しずつで良いので前進して夢をつかみたいです!

 

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
フリーランスになる事業活動
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました