香港旅行記③〜二日目:香港島の中心街で壁画アートや風景を楽しむ

二日目(午前)は香港島を歩いて楽しむ


香港旅行記 第3回目です。

二日目はホテル周辺で朝ごはんを食べてから香港島を散策しました。

朝ごはん食べたところ何て言ったかなぁ・・・・

カップがめっちゃ可愛かったですw

※Google先生で画像検索すれば出るかも(他力本願)

スポンサーリンク
1



まずは上環へ電車で移動

まずは昨日登ったビクトリピークに向かう時と同じように銅鑼湾から上環(ションワン)へ向かいます。

中環の隣の駅なのでまったく同じルートで行けます。

こちらも銅鑼湾から10分も乗ってないくらいの時間で到着しました。

地図上だと中環に向かって歩いていくので右側に進んでいきます。

ただ真っ直ぐ進むのではなく、ジグザグに色々歩きました。

さて上環駅からちょっと歩くとさっそく香港っぽい(?)町並みが見えてきます。

上環に着いた時間は午前9時過ぎで、まだお店は空いていないところも多く、まだ閑散としていました。

お店にもこういった絵が色々書かれているところが多いです。

一体何屋なのかはわからなかったのですがw

麺類?ですかね・・・・

さらに歩いていきます。

道路には標識も結構あるので便利です。

目的地の距離まで書いてあればより嬉しいと思いましたが(笑)

上環駅から徐々に歩いて文武廟を目指します。

文武廟は残念ながら工事中でして写真は撮らずに中だけ拝見してきました。

文武廟はハリウッドロードと呼ばれる道で前後の道を挟んでお店が出ていたりします。

地図上だとこの周辺です。

この辺は結構階段も厳しくて山道なので軽く息切れしながらのお散歩でした(笑)

この辺には色々と壁にアートが描かれていて散歩しているだけでも面白いです。

ハリウッドロードから中環に向かって歩いていきます。

地図上はハングルで表記されてしまっていますが、「九龍城砦」と呼ばれるウォールアートを見ることができます。

帰国してから調べてみたら「Goods of Desire」というお店に書かれていることがわかりました。

ご覧のとおり、インスタ映えを狙う女子の多さたるや・・・・

おじさんも負けずに撮ります!!!

どやっ!

まぁインスタにあえて上げませんでしたけどね(さらにドヤッ)

さらにすぐ近くの交差点にも

こちらもインスタ映え全開スポットで沢山の方が撮影されていました。

私も友人たちとちゃっかり撮影してきました!

※Facebookで全力で自己顕示欲を開放させていただきましたw

ちなみにこの近くに元SMAPの香取慎吾さんが書いたウォールアートもありますので、是非見てみてください♪

それにしてもこの周辺はとにかくインスタ映えスポットが多く、女子率めちゃくちゃ高いですw

この辺は細い道も多くて色々な所を散歩しながら見るのが丁度良いですね。

そしてほぼ中環に戻ってきたのですが、ここからまた上環へ戻りました。

なぜなら中環から上環は歩くとずっと上りになっているのですが、ちょうどウォールアートを見た所のすぐ近くから上りのエスカレーターがあるのです!

こちらは上に昇ったところから下を撮影したものです。

写真より生で見たほうが迫力があったので、まだまだ撮影技術を上げたいなと改めて感じました。。。。

そして登ったら今度は一気に下って、蘭桂坊(ランカイフォン)という所へ向かいます。

午前中はこの辺で一度探索を終えて、お昼ご飯を食べて一度ホテルに戻ることにしました。

だいたい午前中の3〜4時間ほどでこの周辺一帯は廻ることができました。

もう少し遠出しても良かったなと思ったのですが、午後のことを考えたら体力を温存させておきたいというのも正直ありました。

ホテルまでの移動が近かったのは嬉しい誤算でした。

最後に

今回の記事は二日目の午前だけに絞って書かせて頂きましたが、見てもらった通り、小さいエリアの中に沢山見る所が詰まっていました。

特にウォールアートはインスタ等のSNSはやっていなくても旅行の記念に是非見てみる価値があると思います。

そして非常に大事なことですが

必ず歩きやすいスニーカーで行くこと!

これだけは忘れないでください。

結構山道になっていてアップダウンも激しいですし、階段も多いです。

今回は上環〜中環エリアをくまなく歩いたので午前中だけで1万3千歩を超えていました。

見たい場所だけピックアップして回るのであればもう少し移動距離や時間は短縮できるのですが、せっかくなので色々歩き回った方が面白いと思います。

バスケットコートがある公園があったり閑静な場所もあれば、少し大通りになると賑やかになったり色々な顔を持っている街なので、是非ご自身で歩きながら良いスポットを見つけてみてください。

次回は後編として九龍島の記事を書こうと思います。

それではまた次回!

スポンサーリンク
1



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1



コメントの入力は終了しました。