2018年モデルのMacBookProとMacBookAirどちらを買うべきか?

2018年モデルのMacBookProとMacBookAirどちらを買おうか悩んでる人必見、購入の判断基準を考える

2018年モデルのMacBookAirが発表されて約一ヶ月経ち、既に手にされている方も多いのではないでしょうか?

結論を先に書いてしまうと「用途によって決めるのが一番」です。

MacBookProもMacBookAirもそれぞれ良し悪しがあります。

普段どれだけ使うか、MacBookシリーズで何をするかによって変わってきます。

用途別にオススメを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
1



普段の仕事でも使用する場合はMacBookPro一択

特にエンジニア系、Web系、クリエイティブ系などの仕事で普段からずっとパソコンを使う方にとってはMacBookPro一択だと思います。

性能面ももちろんですが、結構大事なところで、USBなどのポート数にも違いがあります。

昨年からAppleのPCにはUSBポートがtype-Cという形状に変わったのですが、MacBookAirではこのUSBポートが一つしかありません。

そしてこのUSBポートがPCの充電の口にもなります。

そのため、充電しながらUSBを使うとか、充電しながらHDMIで画面出力などすることができなくなります。

結構クリエイティブ系の用途で使われる方はマシンのパワーも多く必要なので、充電も結構早く無くなっていきます。

もちろん別途USBのハブなど購入すれば解決できるのですが、毎回持ち歩く負担など考えるとやはりMacBookProを選択した方が幸せになると思います。

色々クリエイティブ系とかにも使いたいけど週末しか使わない人

趣味でクリエイティブ系やエンジニア系のことをしたいという人に対しては、MacBookAirでも十分かなと思っています。

ただ、デフォルトの性能では厳しいのでCPUとメモリはカスタムした方が良いかもしれません。

MacBookAirのカスタマイズとMacBookProのデフォルトの差額を見て、どちらを選択するかは好みだと思います。

あまり値段が変わらないのであればMacBookProをオススメしたいのですが、普段から持ち歩くことを考えると少しでも軽いMacBookAirも魅力的です。

初めてのMacまたは普段はインターネットしかしない方

カスタム無しのMacBookAirで良いと思います。

今回からMacBookAirでもRetinaディスプレイが採用され、Touch IDも採用されてだいぶMacBookProに近づいてきた印象があります。

Appleの仕様ページを見ても12時間のインターネット閲覧、13時間のiTunes再生などバッテリーの持ちも良くなっています。

そしてサイズ重量も1.25kgなので軽さは維持されています。(ちなみにMacBookProは1.37Kg)

余談だけど15インチMacBookProはもはや据え置き

MacBookProには15インチという大きいサイズもあるのですが、こちらは購入対象からは外していました。

ポイントはいくつかありまして、

  • お値段異常(高い的な意味で)
  • 失くした時、壊した時のダメージ大きすぎ
  • これから据え置きのiMac買った方が良い

といった理由でした。

もちろん画面が広いメリットやノートパソコンとは思えない性能とか魅力はあるのですが、13インチのMacBookProでも自分の用途としては十分だと感じたので対象外にしました。

もう1つ余談として、インターネットや動画鑑賞メインなら

ノートパソコンじゃなくて新しいiPad proと言う選択肢はいかがでしょうか?

どうしてもノートパソコンにこだわるのであればMacBookシリーズで良いのですが、手軽に持ち運びが出来て、調べ物や映画鑑賞メインであればiPad Proの方が良いと考えています。

ブログ更新みたいに文章を書く時は外付けキーボードもありますし、パソコンの代わりにタブレットを使うかたも増えてきているので選択肢として入れてみても良いと思います。

私がMacBookProを購入した理由

上記までに購入する用途について書きましたが、私がMacBookProを購入した理由についても書かせてもらいます。

本ブログでは何回か書いていますが、私自身はITエンジニアのフリーランスとして仕事をさせて頂いてます。

普段は現場に出ていて、現場でPCを借りているのですがセミナーとか行ったり、外でもPCを使えて自分でも集中してプログラムを勉強する環境を作りたいという理由が大きいです。

そのため、絶対に外せない用途からまずは考えました。

  • 普段仕事で使っているPCより性能は落とさない
  • 一日中持ち運ぶことを想定した重さ
  • USBポートは2つ以上必須

今回MacBookAirは3つ目の条件には入らなかったので、最初から厳しいなと思っていました。

ただ普段使っているMacBookProが2015年モデルのものだったので、性能的にはほぼ同性能くらいは出るのではないかと考えました。

USBポートは上記にも書いた通り、外部アクセサリを使用すればカバーできるので。

ただ将来的に考えると性能には余裕があった方が良いと思って、MacBookAirとMacBookProでそれぞれカスタマイズして金額の見積もりを出すと、差額はわずか4万程度の差しかなくなりました。

4万円と言う金額は決して安い金額ではないのですが、普段の使用頻度と、これから数年使う上では非常に意味のある金額だと思って、プラス4万円で(より)ストレスフリーに使えて後悔しないであろうMacBookProを購入することにしました。

MacBookProとMacBookAirで両方ともカスタマイズしないで比較すると約10万近い価格差だったので、最初はMacBookAirを買うつもりだったのですが、色々検討した末での結論でした。

今までMacBookAirの11インチを使っていたので、物理的には重くなったのですが、購入してから既に外へ持ち運びしていますがちょうど良いサイズだと思っています。

最後に

結局のところは「MacBookPro」も「MacBookAir」も用途によって良し悪しがあるので、何をするのに使うかという点で決めるのが良いと思います。

決して安い買い物ではないので、後悔しない買い物になれば良いと思います。

スポンサーリンク
1



コメントの入力は終了しました。