フリーランスエンジニアに向いている人の3つの特徴

IT
geralt / Pixabay

フリーランスに向いてる人と向いていない人を分析

久しぶりにフリーランスに関する記事を書きます。

今年は色々交流会など参加する機会にも恵まれ色々な所でフリーランスについて質問されることも多くなったので、記事にしようと思いました。

私個人としてはフリーランスという選択肢は昔よりも遥かに敷居が下がってきましたが、誰でも気軽にオススメはしていません。

フリーランスを目指す方の参考になればと思います。

geralt / Pixabay

 

スポンサーリンク

フリーランスを「事業」として捉えられているはフリーランスに向いてる。

フリーランスは紙切れ一枚を提出したらフリーランスとして活動できるため、誰でも慣れる職業です。

また技術力が高い人や若い人はどこの現場に行っても即戦力で成果を上げれば同年代の方よりも収入を上げることもできます。

またフリーランスで一番印象の強い「働き方の自由」に関しても印象通りに手にすることができると思います。

しかし、その半面でめんどくさい会計処理などの手間がかかります。

あくまでフリーランスは「事業」であるため、自分をいくらで売り出すのか?値上げの交渉はどのタイミングでするのか?

他にも現場を離れるタイミングや、新しいことのチャレンジなど、他にどうする必要があるのか?

こういった間隔も必要だと思います。

将来(数年後)を見据えて事業計画を考えていたり、売上などの数字に関しての細かい作業が苦手な人はどちらかと言うとフリーランスに不向きだと考えています。

人間関係の構築が得意な人はフリーランスに向いている

フリーランスになったんだから一人でやればいいと思っている方もフリーランスには向いていないと思います。

上記にも書きましたが、フリーランスというのは「事業」です。

事業をしていくには誰かから仕事をもらったり、自分が作ったものを普及させるために必ず誰かの手を借りることが必要になってきます。

過去の友人や交流会で知り合った人、現場で一緒になった人、これから先に知り合っていく人、どこでどのような繋がりがあるかわかりません。

但し、私は営業マンのように話上手になる必要や、コミュ力がすごい高い人のように誰とでも仲良くなれる必要は無いと思っています。

「ちゃんと話が聞ける」「自分がやっている仕事を人に伝えられる」力があれば良いと思っています。

私の場合は結構非IT系の方とかにもわかるように専門用語をわかりやすく伝えることを意識したりしています。

同業者だったら楽でいいですよね(笑)

フリーランスエンジニアの交流会とか行くと話が上手な方や、熱意がすごく高い人など人間関係を意識した接し方をされる方が多いのも印象的で、こういう人はフリーランスに向いていると思いました。

人と話すと緊張してしまうと言うエンジニアの方は何人も見てきましたので、これからフリーランスを目指すかたは技術力だけじゃなく、人間関係の構築もしっかりできるように意識すると良いでしょう。

自分でサービスを立ち上げたいと思っている人

私が知る限りでは多くのエンジニアの方が一度は口にすることだと思ってます(笑)

私自身もその一人なのですが・・・・

何かを作りたいけど、何を作ればいいのかわからないという人が多くいると思います。

私もつい最近ようやく一つアイディアが出てきたので実現しようと頑張りたいと思ってます(まだ心意気しか準備できてませんが)

ちょっと話はそれてしまいましたが、「自分で何かを作りたい」という気持ちは非常に大事です。

色々な現場を見ながら自分で作りたいものを見つけても良いですし、フリーランスにはなりたくないけどサービスのアイディアを持っている人と共同でやるのも゚有りです。

ずっと現場に出続ける道も一つとしてあるのですが、現場に出るだけのフリーランスの場合は契約打ち切りになった時や、将来的に年齢の壁とぶつかったりと色々なことがあります。

そして20代後半くらいから30歳中盤まではフリーランスになるタイミングとしては良いですが、結婚などの人生のライフイベントが多く重なる時期でもあります。

漠然とフリーランスをやっていると、安定性の面でフリーランスをやめて会社員に戻る方も多くいます。

多くのフリーランスは早々に法人化したり次のステップに上がる人が多くいます。

私自身もフリーランスの将来を考える身ですので、自社サービスを軸に会社が作れたらいいなと考えています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んで「フリーランスになろう!」と思う方もいれば「やっぱり難しそう」となる人もいると思います。

もちろんフリーランスでバリバリ活躍されている人の中には、上記すべてに合致していない人も多くいます。

自分の強みを無意識で売れている人や、自分にできないことは一緒に助けてくれる仲間を見つけてお願いしたりする人もいます。

フリーランスは自分の頑張り次第でどこまでも成長できます。

今は不向きでも、得意に変わるものもあります。

色々な可能性を見出して素敵なフリーランス生活を送っていただけたらと思います。

 

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
ITフリーランスになる
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました