副業でフリーランスエンジニアをするのにオススメなサービス

副業でフリーランスという選択肢

普段は会社員として企業に属していながら、休日を利用したりして副業をされる方も増えてきたと感じています。

エンジニアの仕事は自宅でもできることが多く、時間や場所に縛られず柔軟に働くことができるメリットがあります。

普通にアルバイトをするよりも金銭面では良いです。

そんなエンジニアの仕事を副業でフリーランスエンジニアという選択してみた場合について考えてみようと思います。

FirmBee / Pixabay

尚、本記事では副業が認められている企業にお勤めの方向けの記事となります。

副業が規定で禁じられている人が本記事を見て副業をされても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク
1



副業フリーランスを選択する場合は、開業届などフリーランスになる手続きはやるべき

フリーランスでは確定申告が重要なイベントの一つにあります。

しかし、副業の収入が年間20万以内であれば年末調整で申請できるため、確定申告は不要になります。

年間20万を超えない範囲であればフリーランスの手続きをしなくても副業は可能ですが、エンジニアの仕事を引き受けると超える確率はかなり高いです。

(というか、届出を出さないとフリーランスではない・・・・)

スポット案件(1ヶ月だけとか)でテスターとかを週1、2くらいでやるくらいなら抑えられるかもしれませんが、なかなかその仕事を副業でやりたいと思う方は少ないのではないでしょうか?

また、自分で仕事を引き受けるにあたり開業届の提出をはじめ、フリーランスになるための手続きはやった方がいいです。

ちなみに、経費を付ける必要がある場合はやはり個人事業主として届出を出しておく必要があります。(会計を付ける必要があって、申告の対象になるため)

フリーランスになるにあたっての手続きなど下記にまとめているのでよければ参考にしてみてください。

フリーランスになろうと決めたらまず最初にやることリスト

フリーランスになるための準備(事業準備編〜お金のあれこれ〜)

フリーランスになるための準備(提出書類編)

副業でオススメなサービス(仕事探し)

最近ではWeb上でも様々なIT案件が増えてきました。

通常のIT案件より単価が安い傾向にありますが、副業レベルでできる案件も多数掲載されているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

クラウドワークス

最近ではかなり知名度も上がってきたクラウドで仕事を共有できる老舗サイトです。

ホームページ制作・バナー・ロゴ制作 アプリ・ウェブ開発 ライティング等の様々な仕事が登録されていて、案件数もダントツに多いです。

副業するならとりあえずクラウドワークスに登録する方が多いと思います。

ただ、単価が比較的安いので、あくまで副業の入り口と捉えるのが良いと思います。

CrowdWorks(クラウドワークス)

ココナラ

Webサイト作成からプログラミングまでIT関連の依頼が揃っています。

他にも似顔絵やライティングなどの仕事も揃っているので、IT以外でも副業を探しやすいのが特徴です。

ココナラ《IT・プログラミングカテゴリ》

ワースタ

まだ登場して間もないサイトですが、採用代行や採用まわりに特化した企業の新たな複業サービス。

「本業を複数もち、スキルアップなどの自己実現をする」という意味合いを持っているため、“複業”という観点で運営しているサービスとのこと。

ワースタ

レバテックフリーランス

こちらはフリーランスに特化したサービスなので副業という意味だと少し、ハードルが高いかもしれません。

しかし、フリーランスエンジニアを目指したり、登録してみてエージェントに希望を伝えればマッチした案件を紹介してもらうことも可能です。

高単価案件が多いのが印象的です。

レバテックフリーランス

最後に

最後にこれだけは忘れずに・・・・

  • 本業は疎かにしないこと!
  • 副業でも手を抜かずしっかり仕事すること!

いきなりフリーランスに飛び込むのはちょっと怖いけど、興味があるという人は副業の選択肢は非常に良いと思います。

また現在フリーランスで本業だけだと厳しいという人も副業を考えてみると良いと思います。

スポンサーリンク
1



コメントの入力は終了しました。