【雑記】平成から令和へ・・・・法人成りでもしようかな

平成が終わって新たなる時代「令和」を迎える

2019年4月1日(月)の午前11時30分過ぎに新元号令和が発表されましたね。

新元号が発表されて各種業界で色々なイベントや商品が出たりと、新元号発表からドタバタした数日間だったと思います。

次の新時代はどんなことが起きるのかわかりませんが、平和な時間が続く良い時代が続けばと思います。

※さっそく「いらすとや」さんの画像を使わせてもらいましたw

最初は何か元号関連を事業に話を繋げてちゃんと記事を作ろうと思っていたのですが、情報発信できるほどのネタもなかったので、またまた雑記記事として公開することにしました。

もう「平成」も一ヶ月を切ってしまいましたね・・・・

なんだか元号が発表された時点で元号が変わってしまった雰囲気なのは気のせいでしょうか(汗)

結構ネット上の反応を見ている限りだと新しい元号に賛成の人も多く、なかなか良い出だしなのかなと感じています。

振り返ってみると平成ではITがすごく進化して便利な世の中になりましたね。

今じゃスマホないと何もできないくらいの感じですからね・・・・

私のようにIT業界で働くエンジニアとしては技術の進歩に置いていかれないように食らいつくのもなかなか大変ではあるのですが、面白そうな技術や、より開発しやすいツールなど色々出現して楽しい時代だなぁとしみじみ感じているわけです。

(ものすごい年寄り臭い・・・・)

次の令和ではどんな面白いモノやサービスなど色々誕生するのか楽しみですね。

あっ、東京オリンピックも令和でやるんですね!

空飛ぶ車は令和でも誕生しないですかね・・・・誕生したらおもしろそうだなぁ

AIとかどんだけ進化しちゃうんだろ!

次の元号対応ではもうさすがに仕事してないかなぁw

なんて色々妄想に浸ってる今日この頃です。

そんな新しい元号の時代がやってくるわけなので、近々法人化でもしてみようかなと考えている最中です。

まだ具体的に動いているわけではないのですが、新時代に向けて心機一転ってやつですかね。

ブログタイトルに「フリーランスで1000万目指す」的なこと書いてますがそこは達成できてません。。。。ゴメンナサイ。。。。。

そもそも最近は雑記ばかり書いてるような気もしますしね。

でも何かこれから事業を始める人達に向けた記事はこれからも書き続けていきたいと考えてます!!

そもそもなんで法人成りを考え始めたかというと、色々事業で幅を広げるために会社を作っても損は無いかなと思い初めて早1年ほど。

フリーランスでも色々お仕事はもらえるのですが、交流会とかで名刺交換させてもらったりすると「会社にしてみては?」とアドバイスを頂けたり、遅かれ早かれこのままフリーランスを続けるよりは「会社」としてやってる方がメリットが多いような気がしたわけです。

あとは自分で手がけたアプリケーションを世に出す時も会社名義の方が信頼度は高いと思ってます。(こちらもまだ具体的には動けていませんが)

フリーランスでもそこまで困ることは無いのが現在の状況ですが、少なくとも損はしないだろうと考えた結果です。

多少ですが、節税も視野に入ってきてはいます。(早く儲かってると言いたい)

平成の終わりに差し掛かった2019年4月からは働き方改革法も実施されて、労働に関してもさっそく新時代を感じさせる流れになっているのかなと思います。

会社員でもフリーランスに近い自由な働き方ができるようになってくるのかもしれませんね。

副業の考え方ももっと柔らかくなるのかもしれません。

法人成りして資金も準備ができたら人も雇ってより良いものを提供できる会社にしていきたいという思いもあったりするので、令和という時代と共に歩み、その先にも名前が残ってくれるように頑張っていきたいという思いです。

まぁ思うだけならタダなんですけどw

口だけ立派なことを言うのではなく、しっかり結果を残したいと思います。

色々と知らないことも多く、当ブログタイトルでは「勢いでフリーランスになってみた」としてますが、起業は少し下準備しようかな・・・なんて思ってたり。

まぁでも勢いないと決断できないこともあるよね!って日々自分に言い聞かせてます。

起業したらブログタイトルどうしようかなぁ・・・・

良い案がある方はツイッターなどでメッセージくれたら嬉しいです(他力本願)

また法人成りした際にはどういうことをしたのか色々記事が書けると思いますので、気長にお待ちください!

余談ですが、令和X年に018(れいわ)を足すと西暦になるそうです!

便利ですね〜

【参考】

令和×年に「018(レイワ)」を足すと…西暦になる! 覚えやすすぎる換算法が早くも発見

ではまた。

スポンサーリンク
1



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
1



コメントの入力は終了しました。