自宅用レーザープリンター導入のすゝめ

自宅にもレーザープリンター導入してみては?

皆さんは自宅でプリンターって使ってますか?
フリーランスになってから「レーザープリンターが欲しい」と思うことが多くなったのでついに導入しました。
今回の記事ではレーザープリンターを導入するに至った経緯を含めて書いていこうと思います。
フリーランス以外の方でもプリンタの購入に悩んでる人にも読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

そもそもレーザープリンターとは?

オフィス努めをしたことがある人は大抵の方が使ったことがあると思います。
通常、家庭用で使用するプリンターは「インクジェット式」と呼ばれるインクを紙に吹き付けるタイプが主流ですが、レーザープリンターは印刷イメージをレーザーで描いて紙に転写させる仕組みになっています。

インクジェット式プリンタの不満点

フリーランスになってから請求書を作成したり、書類関連の印刷を家でしたいと思うことがちょくちょく出てきました。
今まで使っていたインクジェットプリントですが、下記の点が非常に不満に思っていました。
会社のレーザープリンターになれてしまうと家での印刷はしなくなる人も多いと思います。

  • 印刷速度が遅い
    自宅でインクジェットプリンタを使っている人の大半の人は印刷時間の長さにイライラしたことがあるのではないでしょうか?
    最近のインクジェットプリンターでも大体の機種は1分間に多くて20枚ですが、レーザープリンターであれば1分間に30〜50枚と圧倒的に速度が早いです。

  • 文字が滲む
    インクジェット式のプリンターの場合、インクを紙に吹き付ける方式のため、書類のように文字が多いものを印刷する場合にインクが滲んで見えづらくなります。
    請求書を作成する際に潰れた文字のまま出すわけにもいかないで、何部か印刷して綺麗なものを出したり、場合によってはわざわざコンビニへ行ってプリントしてました。
    そもそもインクジェットで印刷された書類なんて見たことないですね(笑)

  • インクが固まる
    久しぶりにプリンターを起動して、いざ印刷をしようと思ったら全然色がでない・・・なんてことよくありますよね?
    ちゃんとインクが出るようになるために毎回クリーニングして、出るまで何回も試してといった作業が毎回ストレスでした。
    たった1回数十秒の印刷をするのに色々掃除をしたりして、まともに使えるようにするのに10分くらいかかって無駄な時間だと感じていました。

  • インク交換とか用紙交換が頻繁に必要
    私の使ってた機種だけの問題かもしれませんが、しばらく使ってなかったのに久しぶりに起動するとインク残量がかなり減っていたりします。
    インクジェットのインクは量が多くないので、大量に印刷する場合はすぐに交換が必要です。
    そしてインク代も2回か3回交換したら安くて新しいプリンタが変える値段・・・・
    そしてセットできる紙も10〜20枚程度なので、頻繁に追加する必要があります。

レーザープリンターのデメリット

レーザープリンターのメリットはインクジェットプリンタのデメリットを解消してくれますが、
もちろんレーザープリンターにもデメリットがあります。

  • 本体のサイズが大きい
    小型のレーザープリンタより最低一回りは大きくなります。

  • 解像度が低い
    写真のように綺麗な印刷には向いてません。

  • フチ無し印刷ができない
    インクジェットとは仕組みが違うため、どうしてもレーザープリンタではフチ無し印刷ができません。
    ただし、上記に書いたように写真印刷には向いていないため、普通の書類関連の印刷でフチ無しを選択することは無いと思いますので、特に問題ありません。
    年賀状印刷でフチ無しのデザインをする場合は注意が必要です。

  • トナー(インク代)とか消耗品が高い
    トナーやドラムと呼ばれる印刷に必要な消耗品は使い終わったら買い換える必要があり、1万円以上のお値段がします。
    但し、変える頻度はインクジェットのように頻繁に変える必要はないため、印刷コストとしてはレーザープリンタの方が安くなります。

  • はがき印刷の場合、かなり曲がる
    普通の紙に印刷する場合はまったく気にしなかったのですが、年賀状印刷もする予定なので購入後にすぐはがき印刷をしてみました。
    Googleで「レーザープリンタ はがき 反り」で検索するとどの機種でも結構曲がるみたいです。
    これは印刷する時にドラムで回転させながら印刷するために発生します。
    重い本とか乗せてしばらく放置しておけばまっすぐになるので、まぁ許容範囲としてます。

色々調べた結果、購入!

レーザープリンタを購入するにあたって色々ネットで調べた結果、今回はbrotherの「JUSTIO HL-3170CDW」という機種を購入しました。
本体価格が2万円を切っていて、大きさも今まで使っていたインクジェットの複合機より一回りくらい大きくなりましたが、レーザープリンタの中では小型の方なので置く場所を変える事なく設置できました。
同じような機能でも他社製品だと3万は超えてくるので最初に購入するレーザープリンタの機種としてはかなりお手軽だと思います。
スキャナやコピー機能のついた複合機も検討していたのですが、まずは値段が安くても3万後半〜であることと、かなり本体サイズが大きくなり設置場所に困ることから今回の選択肢からは除外しました。
今はスキャナも高性能で安価なものが増えてきたので、別途スキャナだけ購入すれば良いかなと考えました。

値段は安価なHL-3170CDWですが、無線LANでネットワーク印刷できる点もこの機種は魅力でしたし、両面印刷にもしっかり対応しているので快適に利用できます。

最後に

一昔前はレーザープリンタは本体価格もトナー代も高価で家庭用に導入するのはかなり敷居が高かったのですが、近年はプリンタメーカーも家庭用のレーザープリンタに力を入れてきています。
そのため、トナーもリサイクル品で格安なものも増えてきていますので今後もさらに普及するかもしれませんね。
何度も言いますが、写真印刷をメインで買う方はインクジェットじゃないとダメですよ!

本ブログを読んでいる方はフリーランスを目指している方が中心だと思いますので事業活動を少しでも快適にするためにレーザープリンタの導入をオススメします。
あとはPTAや自治会などで資料を配布する機会の多い方も良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
フリーランスになる
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました