Nikon フラッシュ スピードライト SB-700を購入しました。

カメラ

Nikon フラッシュ スピードライト SB-700


今回は趣味であるカメラについての記事を投稿します。

レビューではありませんが、購入を検討している人や、スピードフラッシュって何だろって思ってる人に読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

スピードフラッシュとは?買う必要があるの?

スピードフラッシュとは

カメラに取り付ける外部フラッシュのことです。

一般的にはストロボと呼ばれてたりします。

Nikonではこの外部フラッシュのことをスピードフラッシュと呼んでいます。

こちらのサイトで呼称の違いが書かれているので興味ある方は一読してみると良いです。

 

なぜスピードフラッシュを購入したか

私の場合は晴れた日の風景写真がメインで、ほとんどフラッシュを使う事なく満足した写真を撮れていました。

これから将来的に写真撮影のお仕事がしたいと思った頃から人の写真や購入した商品の写真を撮影をして練習していたのですが、どうしても満足行く写真が撮れませんでした。

例えば結婚式会場では、人間の目では普通に見える明るさでもカメラで撮影すると真っ暗で何も見えないなんてことは良くあります。

Photoshopなどで明るさを上げるにも限界があります。

もっと人や物を上手に撮りたいと思い検索し、先人の方々の評判の良いNikon フラッシュ スピードライト SB-700を購入することにしました。

 

購入して実際にカメラに取り付けてみた

注文してから2日ほどでAmazonさんから無事に届きました!

Amazonのダンボールから開けたらいかにもNikonの素敵な箱が!

中にはフラッシュライトが入ってる専用ポーチや説明書、撮影事例など入っていました。

※すいません、そっちの写真撮り忘れました・・・

 

肝心の本体です。

今記事を書きながら思ってることが一つありまして、、、

「比較対象がないからわかりづらいじゃん」・・・orz

まったくレビュー慣れしてないのがバレバレですね。

ただただひたすらゴメンナサイ

 

とりあえず取り付けてみました。

これで少し大きさがわかりやすいでしょうか?

一眼レフカメラ本体はNikon D7000を使用しています。

D7000はかれこれ5年近く使ってますが現役で頑張ってます。

 

写真を見てもらってもわかる通りかなりでかくなります。

D7000の本体の重さがバッテリーなど含めて760g

レンズはAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを付けてレンズの重さが200g

そして最後にスピードフラッシュが電池含めて450gです。(電池は単3電池4本使います)

これで総重量1.41kgです。

最近のノートPCだと1kg前後のものが増えているので結構重く感じると思います。

ちょっとしたズームレンズだと約2kgまでいきます。

長時間使う時にはカメラにつけっぱなしだとしんどいかもしれませんね。

 

最後に

もう少し使い込んだら撮影したものをブログで紹介していきたいと思います!

初めてスピードフラッシュを知った人や、これから購入しようとしてる人の背中を押せるように頑張ります。

カメラに興味を持ってくれる人が少しでも増えてくれたら嬉しいですね。

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
カメラ
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました