エンジニアのフリーランスは不安!それでもITフリーランスを決意した理由

フリーランスになる

なぜITフリーランスになったのか

 

ある程度キャリアが重なってくるとエンジニアの中にはフリーランスを考える人も多いと思います。

将来の安定性はどうだろう?一人ですべてをやれるだろうか?

仕事がなくなったらどうしよう?そもそも自分のスキルは他で通用するのか?

そんな数ある不安の中で私がITフリーランスを選択した理由について書こうと思います。

 

「組織」に属することが辛かった

会社勤めをされてる方々は口を揃えて「何言ってるんだこいつ」と思われることでしょう(笑)

一応、誤解が無いように言っておきますが「団体行動ができない」「非協力的な奴」と言うわけではないです。

コミュニケーション能力の点では会社員よりもフリーランスで活動されてる人の方が勝ってる方が多いです。

私自身も営業活動(主に飲み会)を中心に色々な方とお話させてもらったり、現場で色々な方と積極的にコミュニケーションを取らないとあっという間にお役御免になってしまいます。

 

私は2006年に新入社員として会社員努めを初めて、2017年まで転職を繰り返して3社のIT企業で働きました。

1社目は下流工程がメインの派遣業務を行う企業

2社目は上流工程から下流工程までの1次受け企業

3社目は社内システムの開発・運用を行う企業

それぞれ会社の特色は違うのですが、「組織」という点ではどこも大差はありませんでした。

 

スポンサーリンク

組織の何が辛いのか

私にとっては次に上げる点が特に辛いと感じてました。
  1. 定期的な(概ね3ヶ月毎や半年毎)上司との面談
  2. 謎の組織改編
  3. 突然のルール変更
  4. 給料の判定基準

まず1番目に関しては苦痛とは言え、評価してもらうために仕方ないことなのでわかります。

私自身も起業して従業員を雇うとしたら必要です。

ただ、この面談をするまでに準備する資料作成などの労力を意外と使う事が多く、面談のために残業するといったことが辛かったです。

 

2番目と3番目に関しては関連してる部分があるのですが、

「来月から◯◯部に変更になりますが、業務は変わりません」やら

「来月から△△のルールは変更して、××でお願いします。但し、△△でも受付けます。」

え、何も変わらないんだったら今までで良くない?

それ偉い人が時間かけて議論した結果なの?ってか何のための会議だったの?

これものすごいストレスでしたね・・・・

 

最後の4番目に関しては単純に「俺、あいつより評価低いの?」もあれば、

「あの人、すごい頑張ってるのに給料安いんだ。。。」と言う誰しも感じたことのあるやつですw

同じように、自分がどんなに頑張っても定年までになれる役職はあそこまでかな、、、と上が見えてしまうのも夢がなくて嫌だと思いました。

 

組織が嫌じゃなかったらフリーランスになってなかったか?

結論から言うとNoです。

やっぱり会社員と言うのはものすごい安定しているし、給料が安くても人間らしい生活が出来ていれば楽です。

会社員がどれだけ良いかはまた別の機会に書くとして、なぜフリーランスを選んだのかという理由について書いていこうと思います。

 

仕事を自分で選びたい

IT業界で一つのプロジェクトに長くいることは良いことなのですが、新しい技術や手法を取り入れることが難しくなります。

また、手法だけではなくプロジェクト運用に関しても同じことが言えます。

特にベンチャー企業では新しい技術や手法を取り入れる事が多く、短期間での仕事も多くあります。

ある程度プロジェクトが終了に近づいて運用がメインになったり、いつまでも炎上しているプロジェクトに時間を割くよりは自分のスキルアップを積極的に行いたいという気持ちが強かったのがフリーランスになる大きなメリットだと思いました。

改めて「組織」を外から見たい

フリーランスになろうと思ってからは、「どうせやるなら起業したい」と思っています。

起業するということは自分が嫌いだった「組織」を作ることです。

良い組織もあれば悪い組織もあります。

こういったのを目にする機会は色々な現場に出ることができるフリーランスの強みだと考えています。

 

経営活動をしたい

上の話と似た話ですが、自分で「営業」「会計」「人事」など会社で行う作業を自分で全てやってみたいという思いがあります。

会社員で自分の仕事をしていると、他の部署の仕事って何してるのかよくわからないですよね?

何がどういう風に大変なのかは経験してみないとわかりません。

一回全てを自分の目で見るためにはフリーランスが最適と判断しました。

 

今の心境は

現在はフリーランスとしてまだ4ヶ月なのですが、フリーランスになって良かったです。

特に経営活動は口で言うほど簡単ではなくしんどいのですが、勉強だと思って頑張ってます。

会社倒産でやむなくフリーランスになる人もいると思いますし、私と同じような理由でフリーランスになる方もいれば、まったく違う理由でフリーランスになる人も様々だと思います。

フリーランスを目指す人は一度、現状の不満や、フリーランスになった時に何を目指すのかという目標は持っている方が活動しやすいと思います。

 

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
フリーランスになる
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました