社長だから好きことができると思ったけど、そんな時間が無かった

会社作り

どうも、合同会社Celalinkの代表をやっているヤナイです。
2020年もため息ばっかりついてます。
嘘です。毎日楽しくやってます。

まだまだ社長歴7ヶ月のぺーぺーなわけですが、世の中には結構「社長だから自由にやりたいことできていいね」って言われることが多いので、いやいや実態はそんな楽しいもんじゃねーんすわ!!
って話をなぐり書き

スポンサーリンク

社長だから自由にやりたいことできる!!

って思ってた時期が私にもありました。
ん〜、正確には自由にやっている部分も多いので半分正解、半分間違いって感じですかね。
少なくともストレスを抱えた仕事はしてないのでそれが自由かと言われれば大体合ってるかもしれません。

何が自由じゃないの??

お金の管理」と「人と会う」ことに使う労力を会社員だった時は誰かがやってくれたのですが、これを自分でやらなきゃいけないことですね。
慣れない資料を作ったり、色んな人と会ったり。
お金の管理は自分でしつつも、税理士さんと相談したり。

「人と会う」というのは上記で言うところ、税理士さんだったり、私は仕事はエージェントの方に探してもらうので、エージェントと打ち合わせしたり。
あとは自分で作りたいこととかアイデア集めのために同業者と会ったり、何か一緒に仕事できませんかーって提案だったり。

普段は業務委託で常駐した案件をやっているので、8時間会社員と同じように働いてからようやく自由時間です。
その自由時間でお金の管理やら人と会うことをします。
まぁ人と会うのは食事含んでるんでそんなストレスは無いんですが。

一人会社だったらそんな色んな人と会わなくていいんじゃない?

おっしゃる通りです。
それは「現時点では」という意味ですが。

一人会社で将来のことを考えると、

  • 自分が大病とかで働けなくなったらどうしよう
  • 何かを作るにも手が足りない
  • 自分がいつか死んだ時、会社を畳んでくれるまたは続けてくれる人がほしい
  • やりたいことがある人のサポートになれることをしたい
    などなど

色々なことを考えます。
死ぬ時までずっと一人企業で一人でやり続けられるなら良いのですが、年を取ると新しいことを学ぶのが大変だったり、そもそも新しい現場に行ける保証もありません。

一人企業なんてのは信用もないのですから、多くの人と会って知ってもらった方が良いと思ってます。
一人ではできないことも人が集まることでできることも沢山あります。

それでも会社であり続けたい

最初の話に戻りますが、
「社長だから自由にやりたいことできていいね」
って言われても自信をもって「はい!」と言えるようになりたいなとは思っています。

自由にやりたいことをやる ≠ 自分が作る

だと思っているので、自分のやりたいことを諦めているわけではないです。
やりたいことを一緒に叶えてくれる人をみつけることや、社長だから学べることや出来ることも沢山あると思います。

私自信はエンジニアよりももっと経営を学んで良い組織作りができるようになりたいという目標もあるので、あくまで会社という形態に拘っていきたいと思っています。

結局のところ

今回知ってもらいたいなと思ったのは少し昔の私のように「自由にやりたいことをやりたいから起業する」(またはフリーランスになる)と思っている人も多くいると思いますが、そういう風に考えてると結構ストレスになることが多いのではないかと考えてこの記事を書きました。

事業をやるって多分、代表者の哲学だと思うんですよね。
「自由にやりたいことをやりたいから起業する」って哲学でも全然良いと思います。
私自身、もう少し余裕もって気軽になれること目指してがんばります!

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
会社作り 起業
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました