社長だからこそ1人で全てを決めない・抱え込まない心構え

会社作り
geralt / Pixabay

社長だからこそ言えないこともある

どうも、合同会社Celalinkの代表をやっているヤナイです
世の中、結構ワンマンな社長も多いですよね。
多くの人が「うちの社長は意見はコロコロ変わるし、全然下の話も聞いてくれない」なんてこと感じたことありませんか?

これから起業したい人や、既に起業して悩みを持っている社長、1人企業で全てを自分で決めるしかない、などなど様々な人もいると思います。

「社長だから自由に色々決められて羨ましい」なんて言われることもありますが、会社がこの方向で合っているのか、決めたことでマイナスに行ったらどうしようなどプレッシャーを感じることもあるのは事実です。

まぁ良い会社の社長はだいたい意見は一貫してるし、下の話も聞いてくれる会社の方が多いと思いますが笑

私も今は1人企業としてやってますが、結構悩むことが多いんですよね。
税金のこととか、資金調達とかも四苦八苦しながらやってますからね。

そもそも社長にはどんな悩みがあるのか?誰に相談するべきか?などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

多くの社長が悩みを抱えている

悩みが無い社長はいないのではないか?と思うくらい悩みを抱えている社長は多いです。

  • 売上があがらない
  • 資金がない
  • 従業員のモチベーションが上がらない
  • 人が足りない
  • 在庫が処分できない

他にも多くありますが、お金の問題と従業員の問題を抱えている人が悩みの多くを占めている人が多いのではないでしょうか。
嬉しい悲鳴をあげている社長さんもたまにいらっしゃいますが笑

なぜ社長は孤独?

まずは会社の悩みを従業員に相談するというのは従業員を不安にさせるという点が大きいでしょうね。
「実は資金が少なくなってきて・・・」みたいに相談されたらびっくりしますもんね笑
まぁ社長・副社長くらいのレベルの関係はもちろん相談していると思いますが、なかなか話が平行線になることが多いと思います。
しかし、実際に資金で苦戦している経営陣と、会社の資金がわからない従業員だと意識に乖離があり、お互いにイライラしてしまう状況があると思います。

他にも会社の行く末を決める時には、最終決断を下すのは社長です。
会社の規模が大きければ大きいほど全員を満足させることは難しくなります。

社長自身が社内とのコミュニケーションが不足してしまって孤独になるケースももちろんありますし、会社に不満を持っている社員が直接社長に物言うケースも少ないと思います。

お金と人の問題は社長だけじゃなくて個人的な問題でも人に相談しにくいことですからね。

社長は誰に相談するべきなの?

基本的にはやっぱり社内の人に相談するのが良いと思っています。
会社の規模によりますが、なるべく全員の声を耳に入れたほうが良いと思います。
あくまで社長と従業員の両者がフランクに意見を言える関係性であることが大前提とだと思いますが。
フランクな意見が言い合えない状態じゃ、結局社長が1人で語ってるのと同じですからね笑

私みたいな1人企業の人は他の経営者と話ができる機会を作ってみると良いです。
結構参考になることも多いですし、勉強にもなります。
私は起業してから税理士さんに会計をお願いしている中で、今後のお金の使い方とか相談させてもらうことも多いです。
1人で悩んでいるよりよっぽど楽になります。

ちなみに個人的にはあまり家族には相談しない方がいいと思います笑

最後に

考え方は様々ですが、1人で抱え込んでプレッシャーに潰される経営者もいれば、なんでも1人で決めて従業員を振り回してしまう経営者もいます。
私はより良い会社を作る上では「社長」という立場で1人で決めるより多くの人を巻き込んだ方が失敗も少ないし、良い会社になるのではと考えています。
何をやっても失敗して自信を失くしたり、時には人に裏切られることもあるかもしれません。
そんな時でも誰かに相談してみると新しい道も見えてくると思います。

私自身もこれから先に事業が必ずしもうまくいくとは限らないですし、いつも人に助けられてばっかりです。
助けられた人に恩返しができる会社を作れたら良いなと思っているので、応援していただければと思います。

これから経営者を目指す人や、社長に不満を持っている人にもこの記事を読んで頂いて何か感じることがあれば嬉しいなと思います。

それではまた。

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
会社作り 起業
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました