『3C分析』を勉強してうちの妻が新垣結衣に勝つための戦略を考える

独立開業のノウハウ

ビジネスの基本『3C分析』を理解する

どうも、合同会社Celalinkの代表をやっているヤナイ( @yusuke_celalink )です。

独立して事業を行うにあたって、マーケティングを行う必要があります。
自社・競合・市場をリサーチして分析し、戦略を考える手法の1つ『3C分析』を学ぶことで事業を成功させるきっかけに繋がります。

『3C分析』を初めて聞いた人でもわかるように解説していきたいと思います。
3C分析には『顧客・市場』『自社環境』『競合環境』の3つが登場します。
顧客・市場はヤナイ、自社環境を妻、競合環境を新垣結衣ことガッキーとして、自社である妻が顧客・市場であるヤナイと競合のガッキーを倒すストーリーを考えていきたいと思います。

※この記事は『3C分析』の解説のためのフィクションであり、実名以外のストーリーに関して事実とは一切関係がありません。

スポンサーリンク

小企業の妻が大企業である新垣結衣に立ち向かう

妻には関係が密な顧客であるヤナイがいます。
顧客はいつも自社に高い好感を持っており、いつもラブラブ攻撃をしてくる熱狂っぷりです。

しかし、新垣結衣(以下、ガッキー)という最強の競合相手がCMやドラマなどのメディアに出てくると、顧客は高い関心を示すようです。
ビジネスをする上で顧客が離れる危険性は常に考慮しなくてはなりません。
逆に顧客に愛想が尽きたらいつでも切る判断ができるのもまたビジネスの強み・・・

競合相手のプロフィールはこちらです。

新垣結衣 | LesPros Entertainment

つ、強すぎる、、、、石化しそうなくらい可愛いじゃないか!

今後の自社のビジネスをより良い方向へ導くためにも『3C分析』を行うことで、競合に負けない強い企業に成長できることを考えた妻はさっそく分析を開始します。

最強の競合であるガッキーに勝つことはできるのか?
いや、どうなる我が家!?
熱いマーケティングの戦いが今始まる。

そもそも『3C分析』とは?

マーケティングで主に使われる手法の1つです。
下記の3つを分析対象とし、それぞれの頭文字をとって「3C分析」と読んでいます。

  • Customer(市場・顧客)
    自社のビジネス相手となる顧客を知る
    顧客にどんなニーズがあるかを知る
  • Company(自社環境)
    自社のもつ強み/弱みを知る
  • Competitor(競合環境)
    競合のもつ強み/弱みを知る

ヤナイ(市場・顧客)の分析

まず妻は事業の最大の顧客について分析を初めます。
夫であるヤナイ(夫なのに呼び方がヤナイってw ストーリーの都合上了承ください)

妻から見たヤナイについての強みと弱みを列挙してみます。

【強み】

  • 家事ができる(特に料理がんばってる)
  • 毎月固定の売上が発生する(給料を家にいれている)

【弱み】

  • 売上が少ない(低月給)
  • 掃除(主に整理整頓)が壊滅的
  • すぐ女の子にデレデレする
  • 飲み会で朝まで飲む時がある、飲むと面倒くさい
  • and more….

なるほど、ガッキーがどう顧客を分析しているかはわかりませんが、自社の顧客・市場に対しては弱みを強みに変えられれば戦えそうですね。
むしろ弱みが多すぎます。
このまま切り捨てるか?
そんな考えもよぎってしまいます。

続いてどんな顧客のニーズと市場がについて調査してみましょう

【ニーズ】

  • 優しくしてほしそう
  • 叱ると喜んでいるように見える
  • なるべく一緒にいる時間を多くしたそう
  • 背の低い人が好きらしい

【市場環境】

  • いつでも切ることができる
  • しかし切ると色々面倒事が多い

なるほど、どうやら顧客は甘ったれなようですね。
相手のニーズを知ることで自社がどのような方向へ持っていくべきか少し理解することができました。

離婚、ダメ絶対!(顧客の声)

妻(自社環境)の分析

続いて自社の分析に進みましょう

【強み】

  • 顧客よりも家事能力が優れている
  • 整理整頓が上手
  • 顧客の面倒を見ることができる
  • 一般的に見て可愛い
  • 背が低い

顧客のニーズは満たすことができそうです。
続いて弱みの方はどうでしょうか??

【弱み】

  • なし

ちょ、ちょっ!!!自己分析!!!よく考えて!!!!
やり直しましょう

【弱み】

  • 顧客の声が届きにくい
  • 競合相手より年齢が上

まぁ他にももう少し出てくるとしてとりあえず弱みが出たので一安心です。
弱みを強みに変えられれば強い武器になりますね。
年上ならではの姉さん気質全開で競合の一歩前をいけるでしょうし、顧客の声をしっかり反映させる仕組みを作ることで満足度も確実にあがるでしょう。

ガッキー(競合環境)の分析

いよいよ最強の相手、ガッキーの分析に進みます。

【強み】

  • 圧倒的な認知度
  • 破壊力が限界突破してる可愛さ
  • スタイルが良い
  • 存在してるだけで癒やされる雰囲気

くっ、さすが最強の相手・・・・
書いてるだけで意識が遠のきそうだ・・・・・
社長、ここは一旦これくらいにして弱みに行きましょう!!

【弱み】

  • なし

お 前 も か ! !

しかし相手はあのガッキーです。本当にないかもしれません。
強敵すぎる・・・・・
いや、落ち着いて弱点を探すんだ!!

【弱み】

  • 一部の顧客しか手にすることができない
  • 家庭的な一面が未知数
  • 近づくと週刊誌等に追われる
  • 背が高い

さすがガッキー、弱みのスケールが違う。
特に3つ目なんかは圧倒的弱み!
4つ目は顧客ニーズとのミスマッチだし勝機が見えそう!

3C分析結果から事業方針決定!いざ勝負へ

実際に3C分析の結果をもとに事業方針を決めていきます。
実際は事実を列挙していくのが正しいのですが、ガッキーについては事実は本人にしかわからないというところで仕方ないです。

ざっくり図にしてみるとこんな感じですね

さて実際に3C分析から見えたことをは下記の通りです

  1. 自社の弱みである顧客の声が届きやすいように改善し、姉御気質で年齢をカバー
  2. 顧客の弱みとニーズをカバーできるように自社の強みを強化
  3. 競合の弱点は強みにしている部分に引きづられている。知る人ぞ知るマニアックな顧客の心を掴むようにする。

素晴らしい!!
分析することで新たな活路が見いだせましたね!
分析結果から事業戦略を新たに実施してガッキーとの熱い戦いが始まります。

その勝負は数年に渡り伝説として語り継がれることになったわけですが、今日はそろそろ良いお時間
次なる刺客や、問題が発生する経営の世界
この後の話はまた後日

あとがき

『3C分析』についていかがでしたでしょうか?
なるべく読みやすく、わかりやすくの点を意識したつもりですが、、、、
それにしてもテレビで見るガッキーはほんと可愛いですよね

いつかガッキーに実際に会ってみたいなぁ、、、、無理かぁ、、、、、

独立するとマーケティングが必要な機会は必ずやってくるかと思います。
独立はしなくとも、エンジニアであれば自分で作ったサービスを世に広めたいと感じている人は多いと思います。
そんな時は『3C分析』のことを思い出して実践してみていただければと思います。

他にもマーケティングに関する知識は色々あるので、他にも記事を書けるようにネタを考えていこうとおもいます。

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
独立開業のノウハウ
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
とりあえず社長でもやってみますか

コメント

タイトルとURLをコピーしました