ロシア旅行記①〜ロシアってどんな所?旅行前の基礎知識編〜

旅行

ロシア旅行に行ってきた!


今回からしばらくフリーランス情報をお休みしてプライベート旅行でロシアへ行ってきたのでロシア旅行のまとめ記事を書いていこうと思います。

もしかしたらワールドカップでこれからロシアを訪れる方も多いかもしれませんね。

私の今回の旅行は5月の中旬のスケジュールで5泊7日間の旅でした。

フリーランスだからこそ時間を上手く作ってリフレッシュ休暇を作るのも大切だぞ!

と、無理やりフリーランス話を突っ込んだ所でさっそく初めていきます。

 

スポンサーリンク

これからロシア旅行を計画する方へ

なかなか日本人にとってはロシアに行くというのはハードルが高いのか意外にネットで体験談を検索しても古い情報だったり、あまり細かく書かれていなかったりします。

2018年5月時点の情報ですが、参考になればと思います。

ロシアのオンシーズンはいつ?

ロシアでは5月から9月までがオンシーズンの時期です。

5月〜6月が春で7月〜8月が夏で9月に秋を迎えて10月〜4月は長い冬を迎えます。

行ってからびっくりしたのですが、この時期は観光名所の各所で花壇に綺麗な花が沢山咲いていて非常に綺麗でした。(写真は次回移行の記事で)

春夏は湿度も低く非常に過ごしやすいそうです。

またサンクトペテルブルクの街では夏は白夜となり一日中明るくなるのも名物の一つだそうです。

白夜目当てに訪れるのもいいかもしれませんね。

 

ロシアまでのフライト時間と日本との時差は?

成田空港からモスクワにあシェレメーチエヴォ国際空港までは直行便が飛んでいるので乗り継ぎ無しで10時間のフライトでした。

行きも帰りも同じ時間です。

日本との時差はモスクワとサンクトペテルブルク共にマイナス6時間です。

日本をお昼12時に飛び立ち、シェレメーチエヴォ国際空港に到着したのは現地時間で16時でした。

ロシアのアエロフロート航空を利用しましたが行きも帰りもオンタイムで到着しました。

 

どんな服装で行けばいいの?

私が行ったのは5月だったので他の月はあまり参考になりませんが、独自で調べたことやツアーの担当者などに聞いた情報で記載します。

5月のロシアはようやく春が始まりまだ肌寒い日が続くと聞いていたので日本での3月中旬くらいの服装が丁度良いとのことでした。

特に朝夜は10度を切ることもあるのでダウンジャケットやセーターなどもしっかり準備して、防寒具を多めにして春服を詰めていきました。

が、、、、

今年に限ってはかなり例外的にロシアでは早い夏がやってきていました(笑)

私が日本を出発したのは5月12日で日本は夏日が続く日でした。

日本でも「春がなくて夏が来ちゃったね」なんて言ってるくらいの陽気はロシアでも同じくまさかの30℃近い日が続きました。

ただモスクワとサンクトペテルブルクでは温度差があり、サンクトペテルブルクの方が少し寒いです。

最終日にようやく夏日から開放されて現地で言うところの春の陽気がやってきた時には夜寒くてセーターを取出しました。

もしもこの記事を読んでいる年が暑い日が続いているとしたらロシアも暑い日が続いている可能性は高そうです。

逆に寒い日が続いていたら真冬の格好でも良いと思います。

ロシアの夏も日本の夏と同じ格好で問題ありません。Tシャツ短パンビーチサンダルで全然街を歩けます。

ただ夏の終わりの9月はかなり寒い日もあるそうなので夏服と秋服両方持っていくことをオススメします。

荷物に余裕があればオールシーズン対応できるようにしておくのがベストです。

 

言葉の問題は?英語さえできればOK?

ロシアの言語は当然のことながらロシア語です。

日本から旅行に行く人でロシア語が堪能な方ならなんの問題もありません(当たり前)

英語ができる方はそれなりに多いと思いますが、残念ながらロシア人の方は英語が喋れる方は少ないと思います。

日本人で英語ができる人の数と同じくらいという感じですかね。

ホテルのスタッフの方や若い店員さんだと英語で話せる人も多いです。

観光地のチケット売り場のおばちゃんなどは最初から最後までロシア語でまくし立ててきます(笑)

私の場合は一緒に行った友人がロシア語堪能な人なので完全に任せっきりで相手が言ってることや自分が伝えたいことは全て通訳してもらいました。

添乗員なしのツアーや個人手配で旅行に行く方で英語だけで乗り切ろうと思っている人は現地の日本人のツアー担当者や日本語のできる現地のツアーガイドさんが必須と思って準備することをオススメします。

 

ロシアのお土産って何が有名?

これは言わずとしれずマトリョーシカとウォッカの2択でしょうね(笑)

一番わかりやすいロシア土産だと思ってますw

個人的に超オススメなのはスターバックスコーヒーのロシア限定タンブラーですかね。

ロシア限定版とさらにマニアックなサンクトペテルブルク限定タンブラーがあります。

見つけたら是非即買いして頂きたいです!

「スターバックス ロシア 限定」などでググると画像も沢山出てくるので是非検索してみてください♪

ググるのが面倒臭い人は下記の記事からどうぞ

【お土産】ロシアのスタバのタンブラーが世界で一番可愛い件

ロシアのお土産に関する参考記事は下記からどうぞ

ニッチな魅力がたまらない!ロシアのおすすめのお土産とお買い物スポットまとめ

 

ちなみに、やはり観光客には大変人気だそうで、売り切れてる場合もあるので見つけたらその場で買った方がいいかもしれません。

さすがに日本のようにスタバが乱立してませんのでw

サンクトペテルブルク市内のスタバには行けず、空港は売り切れだったので、サンクトペテルブルク限定は見ることができませんでした。

私はモスクワの方でロシア限定タンブラーをゲットできました♪(画像は別記事で)

通貨はルーブル

ロシア国内で使われる通貨はルーブルです。

1ルーブルあたり1.8円程度なので単純計算で2倍だと考えるとわかりやすいかと思います。

10ルーブルなら日本円で20円といった感じです。

日本で換金するとレートが非常に悪いのでロシアで換金する方が良いです。

ホテルのスタッフや現地ツアーガイドさんに渡すチップは米ドルの方が良いと教えていただいたので米ドルも準備しました。

日本で米ドルに換金して、ロシアでドルをルーブルに換金するのが一番ベストかと思います。

ちなみにルーブルの通貨記号は₽です。単純にpとだけ書かれてる所も多いので「このアルファベットのPで書かれた通貨は一体・・・」とならないよう気を付けて下さいw

 

ロシア人は基本ツンデレ

日本人が愛想良すぎるのかロシア人が無愛想すぎるのかわかりませんが、初見は結構「ロシア人こわっ」ってなります。

しかし色々困ってることを(通訳してもらいながら)聞いてみると恐ろしいくらい親切に教えてくれます。

そして女性にめちゃくちゃ優しいです。かなり紳士な方が多くてびっくりしました。

親日の方も多いので日本人であることを伝えると結構好意的でした。

※どうやらロシアの現地の方に聞いた所、アジア人でも日本でもよく見かける爆買いで有名な某国の方の評判はすこぶる悪かったです・・・ご察しください。

※爆買い繋がりで、お土産の所で書いたスタバタンブラーですが、サンクトペテルブルクで買おうとしたら品切れ。店員さん曰く買い占めていった団体さんがいたとのこと。これも・・・?

※余談ですが日本人はマナーが良いと言ってくれる人が多かったので誇りたかったです。

 

 

基本的に室内は全面禁煙

ロシアはホテルおよび空港含めて室内は全て禁煙です。

逆に外はどこで吸っても大丈夫です(笑)

灰皿はなくゴミ箱兼灰皿となっていて、ゴミ箱が至る所に設置されています。

よく火災にならないなと思いますが、皆さんしっかり火を消して捨てています。

電子タバコもタバコなので館内では吸わないようにしましょう。

ちなみに私はiQOSなのですが、ロシアでもiQOSが置いてありましたw

ただし、本体しか見つからず、タバコ屋が殆ど無かったです。

なので紙たばこも含めてどこで仕入れるのかよくわからず。。。

成田空港の免税店でカートン買いしていたので在庫切れにはならなかったのですが、現地のタバコ買いたかったなぁ・・・

ロシアに行って現地でたばこを買う予定の方はご注意を。

そして見つけた方は是非私にも情報をください!!!

 

観光名所は長距離歩くので歩きやすい靴で!

モスクワの赤の広場を始め、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館などびっくりするくらい歩きます。

と言うか、結構観光名所が密集しているので、歩いて複数の観光名所を回ることが多いです。

ツアーによってはバス移動かもしれませんが、私の場合は平均一日10キロほど歩きました。

5日滞在で足には豆やら水ぶくれなど・・・

山道はありませんが、広い場所を延々と歩くことが多いと思います。

履きなれた靴でも靴ずれする可能性があるので(というか私はなりました)絆創膏なども忘れずに!

 

日没が遅い

ロシアに行ってから知ったことですが日照時間がものすごい長かったです。

この時期だと現地時間で朝6時には日が昇っていて、夜の10時くらいまでは明るかったです。

しかし観光名所は18時くらいに閉まる所が多いので時間には要注意です。

夜ご飯を食べるレストランなどは結構遅くまでやっていますので、観光が終わったら散歩がてらお店を探すと良いと思います。

またお土産なども観光が終わってから見ても開いているお店が多かったです。

ただ観光が終わる頃には自分の体力もあまり残ってない可能性があるので事前に計画しておくほうが良いです。

私はヘトヘトになりながらがんばりました(笑)

 

意外と日本人の口に合う料理が多い?

皆さんはロシア料理にどんなイメージがありますか?

有名所でボルシチ、ピロシキでしょうか。

あまり日本では口にすることがないと思います。

友人談だと日本で出てくるロシア料理はロシア料理じゃないと言っておりましたw

今回の旅行は友人含めて5人での旅行だったのですが、一同の意見として「ロシア料理は美味い」でした。

肉料理が多い印象ですかね。ちょっとロシア語が読めず発音も聞いても難しくてわからなかったのですが、ボルシチやピロシキ以外の料理もかなり美味しかったです。

個人的には何回か他の海外にも行ったことがありますが間違いなくトップ3に入る美味しさでした。

ちなみにボルシチは日本で言う所の味噌汁的な位置づけでお店によってだいぶ味が変わるそうです。

確かに今回の旅行で3箇所で食べる機会がありましたがどれも味が違いましたが、どれも美味しく食べれました。

せっかく行く旅行なので是非色々な料理を食べると良いと思います。

ちなみにモスクワは肉系が多く、サンクトペテルブルクは川が近いのか魚が多かったように思います。

 

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございます。

書き始めたら色々書きたくなってだいぶ長文になってしまいましたw

今回は出発編と題してロシアの情報を中心に書きました。

次回からは写真をメインに観光名所に触れていきたいと思います。

「郷に入れば郷に従え」ということを忘れずに良い旅をして頂ければと思います。

それではまた次回!

Спасибо (スパシーバ)訳:ありがとう

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
旅行雑記
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました