初めての寝台特急「サンライズ出雲」で出雲旅行へ!

旅行

先月の中旬にプライベート旅行で人気の寝台列車「サンライズ出雲」に乗って旅行へ行ってきました。
人気の寝台列車なので、予約したのはかれこれ半年ほど前でした。

スポンサーリンク

結構タイトだった旅行スケジュール

今回はサンライズ出雲の車中泊を含む2泊3日の旅行でした。
ざっくりとスケジュールはこんな感じでした。

一日目
19時東京駅集合、夜ご飯を食べたり食料を買ったりして過ごす
22時 東京駅出発
24時 就寝

二日目
4時起床 朝日写真撮影、撮影後二度寝
9時 松江駅到着、レンタカーを借りて鳥取へ
13時 鳥取砂丘到着
14時半 鳥取砂丘出発
16時 ホテル到着
18時 夜ご飯
24時 就寝

三日目
7時 起床
8時 ホテル出発、出雲大社へ
10時 出雲大社到着、出雲そばの名店「八雲」で朝食
11時 出雲大社散策
14時半 松江駅へ向かう
16時 レンタカー返却
17時 特急に乗って岡山駅へ
20時 新幹線で東京へ
23時 東京駅到着 

初めての寝台列車!乗り場は東海道線(9番線)ホーム

普段東京駅を利用しないので勝手なイメージとして特急専用のホームとかあるのかと思ったら東海道線のホームから出発でした。
電車もホーム着いてから出発まで10分無かったくらいで出発します。
普通電車を待っている乗客もホームにはいるため結構混んでました。
乗り遅れないように注意しましょう。

車内はキレイで思ったより広々

さっそく車内に乗り込みます。
今回は個室タイプでなく、オープンスペースのような場所である「のびのび座席シート」にしました。
複数人で遊びに行く場合は個室より楽しめると思います!
雑魚寝タイプとはいえ、非常にキレイであることと、窓際には仕切りがあって横が気にならないようになっています。

薄手の布団(?)があるので手ぶらで行っても大丈夫です。
私の場合、6月にいって気温的にはちょうど過ごしやすい季節だったので、快適に過ごせました。

各号車には洗面台がついてて便利!

各号車に歯磨きをしたり顔を洗ったりする独立洗面台が設置されています。

23時台くらいは少し混雑するので時間帯を少しずらすと良いと思います。
お手洗いも洗面台の近くに2つあるので、非常に便利でした。

個室車両は暗証番号ロックがかけられて女性一人でも安心して乗車可能!

せっかくサンライズ出雲に乗ったので車内散歩もして個室の車両も見学してきました。
サンライズ出雲の半分以上が個室号車になっているのですが、人気ですぐ満室になるようなので、個室で予約する方は早めに予約することをおすすめします。
値段はのびのび座席シート席よりプラス5000円で乗ることができます。

個室席は2階建て車両になっていています。
通路は狭いのですれ違いがちょっと大変ですが、左右両方に部屋があります。

こちらは個室の様子です。
後から知ったのですが、個室には「ソロ」と「シングル」の2種類があるようで、こちらの写真はソロ部屋となります。
シングル部屋はこの部屋より少し広く、室内にミニテーブルがあったりするそうです。
こちらのソロ部屋は身長170センチくらいまでの人なら伸ばして寝れそうな感じがしました。
背の高い人には狭く窮屈な感じになってしまうので、シングル部屋かのびのび座席シートの方が快適に過ごせるかもしれません。

サンライズ出雲にはミニラウンジの車両も!

サンライズ出雲には1車両だけミニラウンジの車両があります。
のびのび座席シートやソロ部屋だと飲食するスペースがないので、こちらのラウンジを利用すると良いです。
ただし、こちら座席数が少なく、すぐに満室になってしまうので利用の難易度は非常に高いです。
深夜遅い時間帯や早朝は人がいなかったので時間帯を考えて利用する必要がありそうです。

サンライズ出雲から見る朝焼けは必見!

私がサンライズ出雲に乗車した日はずっと曇のち雨の予報だったのですが、運良く朝日を拝むことができました。
朝のミニラウンジ車両から朝日を撮影しましたが、めちゃくちゃキレイで素晴らしかったです。
※写真は車内の光が写り込んでしまいました。。。orz

岡山駅で瀬戸方面と出雲方面で分離作業あり、朝食は事前予約でお弁当の購入も可能

岡山駅にてサンライズ出雲とサンライズ瀬戸の分離作業の停車があります。
時間としてはわずか10分少々しかないのですが、、、、
サンライズ瀬戸に乗っていると分離の瞬間は見れませんが、サンライズ出雲は分離の瞬間を見ることができます。

岡山駅でお弁当を買っている人がいましたが、予約した人のみの購入となっているようでした。
私は東京駅で食べ物を買っていたので大丈夫でしたが、事前に駅弁購入を考えている人はよく調べた方が良いです。

松江駅到着!

到着は朝9時過ぎの到着でした。

松江駅で下車してからは今度はレンタカーを借りて移動となりました。
実際に移動してみて思ったのですが、下車する駅を松江ではなく、米子にするべきだったかなと思いました。

レンタカーが乗り捨て可能であれば米子で降りて、米子からレンタカーを借りて鳥取砂丘へ行って松江に入る流れの方が時間短縮になると思います。
結果的には松江から鳥取砂丘も1時間ちょっとくらいで行けたことと、ドライブするにはちょうど良かったのですが、少しでも時間を短縮して観光地めぐりを多くしたい人は色々検討してみると良いと思います。

鳥取砂丘と出雲大社の様子についてはまた時間がある時に別途記事にしようと思います!

この記事が気に入ったらいいねをよろしくお願いします
旅行
スポンサーリンク
yusukeをフォローする
Celalink Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました